Education

東北大学

工学部 情報知能システム総合学科 編入試験体験談

受験方法: 一般
合否: 合格

平成26年度

User

fetburner Twitter

最高順位

6 位
出身高専

香川高専高松キャンパス 電気系
併願校

岡山大学工学部情報系学科:合格
筑波大学情報学群情報科学類:合格
豊橋技術科学大学情報・知能工学過程:合格
東京工業大学工学部情報工学科:不合格


香川高専の弱い方で特に成果もなく5年間ロボコンをやっていました。
好きな言語はOCamlとCoqで、好きなエディタはVimです。
ただ、最近ではProofGeneralのせいでEmacsを使う機会が多くなりつつあります。

関数型言語界隈で有名な先生の存在に依るところが大きいです。
不幸にも同じ高専に関数型言語の使い手は居なかったために悶々とした日々を送っていますが、ここなら話の合う人が多そうだと期待しています。

数学,物理,化学,専門,TOEIC

数学は特に変わった問題はありませんでしたが、これまで編入試験を受けた大学の中でも一番難しいように感じました。
勉強していれば解けたであろう問題を2問ほど落としたのが悔やまれます。取れたのは7割ぐらいでしょうか。
物理は音についての問題が出題されたのが特徴的でした。
電磁気と音は難なく解けましたが、勉強不足で力学に苦戦してしまいました。取れていたのは8割ぐらいだと思います。
化学は幸いにも物理化学の比率が高く、覚悟していたよりも手応えがありました。これも7割ほど取れたと思います。
専門は動的計画法についての問題と論理回路についての問題を解きました。これはほぼ10割取れた自信があります。
英語はTOEICのスコアシートを提出する形式だったので、590点のものを提出しました。

よくある形式の個人面接でした。
志望動機を聞かれたときに興味のある研究をしている先生がいるからといった主旨の回答をしましたが、ロボコンを5年間やっていた事を答えた時の方が受けが良かったです。

色々参考書を買ったものの高専の数学ぐらいしか手を付けませんでした。
TOEICは時間の許す限り何回でも受けられるので、受けられるだけ受けておいた方がいいでしょう。回数を重ねれば慣れによっても点数が上がる傾向にあります。
7月10日に艦これを始めたせいでそれ以来勉強が手につかなくなってしまった事が悔やまれます。提督業務もほどほどにしましょう。
あと、StandardMLを書けないと青葉山に入山する許可が下りないらしいですよ(要出典)